映画・テレビ

2012年7月 8日 (日)

HDMIケーブルの長さ

HORIC HDM100-886SVを10mから6mに切り詰め、PS3とLVP-HC3800を繋いで観ていた。
これまでHDプロジェクターの経験がなかったので、「画質はこんなものかなあ」となんとなく釈然としないまま、そのうち毎回の設置が面倒なこともあり観なくなっていた。
先日、PS3のアップデートでもするか、と6mのケーブルでREGZA 37Z8000に接続、ついでにアバターなどBDに焼いた同ソースでDBR-Z160とPS3の画質比較をしてみた。愕然とした。PS3+6mのケーブルでは暗部がつぶれ、解像感も低く、鮮明さもない、ひどい劣化である。そしてPS3に他の短いケーブルでは、まあまあの画質であるが、DBR-Z160の階調バランス、鮮明さには今一歩及ばない。
長いHDMIケーブルは基本的にダメなことと、PS3のBD再生画質は、まあ、普通であることがわかった。
今後はDBR-Z160をプロジェクターに2〜3m以下のケーブルで接続できるようなレイアウトを検討することにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Audio | Design | iPhone | mac | Photo | solidThinking | 心と体 | 映画・テレビ