« SSD | トップページ | HDMI »

2011年9月22日 (木)

ライティング

ペーパーモデルを作成してクライアントへ納める前には記録撮影をしなくてはならない。
撮影には自由になる光が必要で、太陽光でも状況が良ければそこそこのライティングが可能だ。しかし、お天気や撮影スペースや時刻などの条件がすべて揃うことはまずない。
モデルの完成は締め切り間際になることもある。短時間でも確実なライティングによる撮影を可能にする装置が欲しかった。

銀塩カメラの時代は150Wのレフランプ3灯でなんとか対処していた。ところがいつの間にかソケットやランプが見当たらなくなった。以前の会社に置いてきたのかもしれない。ネット上で調べてみると白熱ランプはもはや生産中止とまではいかないが、かなりマイナーな存在になっているらしい。

そこで偶然見つけたデジカメウォッチの紹介記事=クリエイティブライト「ソフトボックスFFスクウェア」。照射の性能面はもちろんだが工業製品としての作りや適度な価格などが気に入った。
他にも選択肢はありそうだったがCanonのストロボをワイヤレスリモートで使ってみたかった。それを保持し傘と連結するSpeedringsが高品質な点で決定した。

ちょうど大型のモデルを撮影するタイミングがあり、ソフトボックスFFスクウェアのサイズは少し大きめの60×90cmにした。スタンドもクリエイティブライトの中からブームタイプLS413Bを選んだ。ストロボはメインの580EX IIとサブの320EXという組み合わせにした。補助的には320EXの明るさで十分だろうし、最新機種の機能も試してみたいということで決めたのだ。

ところが、60Dで光量比率をセットしても、撮影結果が思ったようにその通りの比率にならないようである。
実際の撮影では被写体に対して二つのストロボを同じ角度、同じ距離にセットすることなどなく、試写を繰り返して光を作っていくのでそれほど大きな問題ではないのだが、580EX IIに少しでもガイドナンバーや設計内容が近い430EX IIにすべきだったのだろうか。
理想は580EX IIの複数使用だが、写真がメインの仕事ではないのでそこまでは投資できない。

さて、ここまでえらそうに書いてきたが、結果はどうか。
太陽光に頼ることなくいつでも撮影が出来るようになったのは良い。
が、やはり、自然かつ意図どおりのライティングはたいへん難しい。
条件の良い太陽光+レフ板に勝つのも難しいし、背景の仕込みも並大抵ではまともにならない、そういったことがあらためて浮かび上がってきている。

|

« SSD | トップページ | HDMI »

Photo」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223487/52801752

この記事へのトラックバック一覧です: ライティング:

« SSD | トップページ | HDMI »