« 位相合わせ | トップページ | ライティング »

2011年6月22日 (水)

SSD

我が家のMacBook Pro(Late2008)は、秋には4年目に入る。
クライアント先での打合せ時、Keynoteによるプレゼ、イラストレーター、solidThinkingでの検証しながらの作業、たまにWindows(パラレルズ使用)にてシミュレーションを走らせる、といったところが主な使い方だ。
グラフィック系と3D系を同時に立ち上げることはほとんどない。しかし、ほとんどのファイルのサイズが大きいため、打合せ中に複数開いていく都度、何十秒も待ってもらうことになる。前もって開いておくことも出来るけど、RAMが4GBでは心許ない。
イラストレーターのGUI用ファイルはレイヤーが何十もある。3Dのファイルは100MBを超えているものもある。また、最近デスクトップのメニューバーの表示がされない?という、なにやら息も絶え絶えな様子になってきた。
さらに、クライアント先でも節電のため暑さが前倒しときている。

言い訳をさんざん積み重ねて、ついにSSD化に踏み切った。
crusial m4、Intel 320,510・・と評判を調べてみたが、結局、PC-DEPOでひとつだけワゴンに残っていた台数限定価格のIntel 510/120GBにした。将来、SATA3の機種に使い回せるということも選択理由だ。

システムとパラレルズだけはクリーンインストール、他のデータはインストーラーのセットアップアシストによるおまかせ移行だ。そして、ソフトウェアアップデート、ディレクトリーの再構築、アクセス権の修復で終わり。買ってきた日の夜には換装を終わらせた。
結果は、みなさんと同じ。起動は30秒とかからない・・・快速、快調、余裕、安定、安心、・・・
3Dファイルを開く時間もRAID 0(7200rpm×2)のMacProより10%は早い。

MacProも2008 early なのでSATA2だが、こちらにもSSDを入れたくなってきた。

|

« 位相合わせ | トップページ | ライティング »

mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223487/52014323

この記事へのトラックバック一覧です: SSD:

« 位相合わせ | トップページ | ライティング »