« マニュアルモードの露出補正とISOオート | トップページ | オーディオとデザイン »

2011年5月27日 (金)

ドクターチェア TJ-121

ペーパーモデルの制作は作業内容に合わせて材料と目との距離を様々変えなくてはならない。

まず、1800×900のボードから切り出すには、立って腕を目一杯伸ばすような姿勢を取る。
10〜30cm程の材料を扱うには中腰くらいの姿勢でないと、垂直にカットできない。
部品のカタチになってきたら、それらはテーブル上もしくはテーブルの角に押さえつけて安定させた状態で細かい細工に入る。
ごく細かな加工には目を20cmまで近づけなくては精確に作業出来ない。
行程が進むその都度、材料と目との距離を調節して身体を安定させるために、自在な椅子があると効率が上がる。

それにはシンプルな丸いスツールが向いている。
45度カットの際には手先や腕のフォルムは極力固定したまま身体全体を移動させるのが要で、それには滑らかなキャスターも必須だ。

これまでは年季の入ったベリーニチェアだったが、脚を拡げて安定した体勢を取るには肘掛けが邪魔だし、座面はへたって腰が安定しないし、全体が大きく重いし、で、いいかげん何か適当なスツールはないかと探してみた。

ドイツ製で体の動きに合わせて3次元に動くというドクターチェアが見つかった。 http://www.epox.jp/x/
たいへん良さそうだが、ショールームが愛知県で試してみることができない。なにより20万円ほどもする価格は、とりあえず保留の額である。

そのまま検索を続けると同名で7900円のものを発見。2次元の回転しかしないが、高さを変えることは出来るし、レビュアーが100人以上で高評価。さっそく期待半分で注文、2日後の今日届いた。

Dc1
箱のサイズは□520×H350。
もっと大きな箱で届くかと予想していた。

Dc2
必要最低限の梱包材だけど、保護性は十分。

Dc3
内容物はこれらがすべて。

Dc4
キャスター脚に支柱を差し込む。
精度はまともで、がたつきなどはない。
ガスダンパーにはDINの文字が。

Dc7
座面は全体で65mm。
底に12〜3mmの合板、固めのウレタン40mmを芯=ベースにして、表面近くは15mm程度の柔らかいウレタン、といったところか。品質表示には張り材はポリエステルとある。

Dc5
背もたれ台座と座面の連結。
しっかりした3番のドライバーを使い、センターを合わせつつ少しずつ締めあげていく。

Dc6
背もたれがほとんど片持ちのデザインであるため、支柱がない方に体重をかけるとおそらく歪んでしまうだろう。

ガスダンパーさえへたらなければ、脚・フレームはしっかりしているので、座面などは補修しながら長く使えそうだ。とにかく取り回しが軽くてコンパクトなのが良い。
モデル作業用だけでなく、高めのデスクに組み合わせて常用中である。

|

« マニュアルモードの露出補正とISOオート | トップページ | オーディオとデザイン »

Design」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223487/51785240

この記事へのトラックバック一覧です: ドクターチェア TJ-121:

« マニュアルモードの露出補正とISOオート | トップページ | オーディオとデザイン »