« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月27日 (金)

ドクターチェア TJ-121

ペーパーモデルの制作は作業内容に合わせて材料と目との距離を様々変えなくてはならない。

まず、1800×900のボードから切り出すには、立って腕を目一杯伸ばすような姿勢を取る。
10〜30cm程の材料を扱うには中腰くらいの姿勢でないと、垂直にカットできない。
部品のカタチになってきたら、それらはテーブル上もしくはテーブルの角に押さえつけて安定させた状態で細かい細工に入る。
ごく細かな加工には目を20cmまで近づけなくては精確に作業出来ない。
行程が進むその都度、材料と目との距離を調節して身体を安定させるために、自在な椅子があると効率が上がる。

それにはシンプルな丸いスツールが向いている。
45度カットの際には手先や腕のフォルムは極力固定したまま身体全体を移動させるのが要で、それには滑らかなキャスターも必須だ。

これまでは年季の入ったベリーニチェアだったが、脚を拡げて安定した体勢を取るには肘掛けが邪魔だし、座面はへたって腰が安定しないし、全体が大きく重いし、で、いいかげん何か適当なスツールはないかと探してみた。

ドイツ製で体の動きに合わせて3次元に動くというドクターチェアが見つかった。 http://www.epox.jp/x/
たいへん良さそうだが、ショールームが愛知県で試してみることができない。なにより20万円ほどもする価格は、とりあえず保留の額である。

そのまま検索を続けると同名で7900円のものを発見。2次元の回転しかしないが、高さを変えることは出来るし、レビュアーが100人以上で高評価。さっそく期待半分で注文、2日後の今日届いた。

Dc1
箱のサイズは□520×H350。
もっと大きな箱で届くかと予想していた。

Dc2
必要最低限の梱包材だけど、保護性は十分。

Dc3
内容物はこれらがすべて。

Dc4
キャスター脚に支柱を差し込む。
精度はまともで、がたつきなどはない。
ガスダンパーにはDINの文字が。

Dc7
座面は全体で65mm。
底に12〜3mmの合板、固めのウレタン40mmを芯=ベースにして、表面近くは15mm程度の柔らかいウレタン、といったところか。品質表示には張り材はポリエステルとある。

Dc5
背もたれ台座と座面の連結。
しっかりした3番のドライバーを使い、センターを合わせつつ少しずつ締めあげていく。

Dc6
背もたれがほとんど片持ちのデザインであるため、支柱がない方に体重をかけるとおそらく歪んでしまうだろう。

ガスダンパーさえへたらなければ、脚・フレームはしっかりしているので、座面などは補修しながら長く使えそうだ。とにかく取り回しが軽くてコンパクトなのが良い。
モデル作業用だけでなく、高めのデスクに組み合わせて常用中である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月11日 (水)

マニュアルモードの露出補正とISOオート

ISOオートは便利便利と書いた。たしかに絞り情報無しのオールドレンズをマニュアル露出モードで使用する際に、ISOオートは極端な失敗を防いではくれる。しかし、アンダーになることが多く、オーバーになることもある。つまり、安定して露出が決まらないことがある。
さらに、あたりまえのことだが、ISOオートにすると露出補正の自由が効かなくなるのだった。マニュアル露出なのに自動可変の要素を与えてしまったら、それゆえに自由が効かなくなるのは当然だ。

したがって、C/Yレンズを使う際の操作は次のようになる。

1. 被写体と光の具合を観てISO値を仮に決める。
2. 欲しい被写界深度に合わせて絞り値を決める。
3. ピントを合わせて絞り具合を確認する。
4. 適正露出辺りのシャッタースピードを確認する。
5. 必要に応じてISO値の設定を再調整する。
6. 被写体に応じて露出の補正具合を決めシャッタースピードで調整する。
7. シャッタースピードが適切であるか判断し、シャッターを切る。

記述すると、なんと面倒な、と感じられる。
しかし、これまで使ってきたアナログカメラは、次のような一連の操作が当たり前だった。

○ASA感度で選んだフィルムを入れ、
○ピントを合わせつつ、
○露出計を観ながら絞りとシャッタースピード双方のバランスを取り、
○再度ピントを決めてシャッターを切る。
まあ、実際は同じである。

デジタルカメラは撮影中にフィルムの感度を可変!出来る。
その点が良いような、悪いような・・・自由度が増えたのが便利なような、不便なような、といったところだ。

ISO感度可変は、オーディオにあてはめると、ダイナミックレンジを可変できることに匹敵するだろうか。
レンジを拡げると、音の密度が粗くなり、質感や緻密さが損なわれるといったところだろうか。
オーディオにおいては同一装置でダイナミックレンジ可変など、聞いたことがない。

撮像素子=カメラ本体のデジタル的進化は著しく、なんとなく消耗品的になりつつあるが、光やレンズといった要素はスピーカーのように永遠にアナログだから、当分は趣味の対象として安泰だろうな。

PhotoDistagon 25mm F2.8 + EOS 60D

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)

EOS 60D+CONTAXレンズ

半年以上も機種選択に悩んでいた一眼レフは、60Dにした。購入して一週間ほど経ち、少し慣れかけた時に震災が起きた。仕事の記録にはそれなりに使い続けたが、趣味としての撮影はそんな気分になれず、出鼻をくじかれてしまった。でも、そろそろ二ヶ月。あらためて使い込んでいきたい。

まずメーカーをCANONにした大きな理由はCONTAXのレンズを使いたかったから。それには画角が活かせるフルサイズ機がベストである、とずいぶん購入(価格変動等)のタイミングを計っていたのだが、そのこと自体に飽きてきた。もうとにかく撮らなきゃ、である。

フルサイズを将来のこととして見送った時点で、CANON機の中では60Dが一番納得のいく内容だった。必要な機能性、重量・サイズ、操作インターフェースの考え方、コスト、・・ バランスが良い。CANON機は初めての自分に取って、7D以前の機種の特性にはなんらこだわりが無いということは幸せだったのだろう。

Y/Cレンズ用のアダプターは、"muk select" http://blog.monouri.net/ にて購入。なんと3600円という破格の値段で少し心配したが、まったく問題ない品質だった。
マニュアルモードでの撮影はたいへんかと思いきや、フィルム一眼で撮っていた時となんら変わりはなく、ISO感度が可変ということでは便利便利。
写りは空気感、立体感、質感、階調、・・どれをとっても良い。光によってはたまにパープルフリンジが出ることがあるが、純正レンズでも色収差が出ることもあるくらいなので気にしないことに。

いつも目の前にある被写体でも、写真に撮ってはじめて見えてくる存在性というものがある。JBLのユニットは全体バランスもさることながら、部分・部品の質感も緻密で美しい。『D130の布エッジの味わい深い肌理』などという見方は、写真を通してでないとなかなか意識できないものだ。
下に貼り付けたのはブログのアップ規制のため、元画像の16分の1サイズである。

次はEF50mm F1.8 IIとの比較撮りをしてみよう。

D130S-Planar 60mm F2.8 + EOS 60D

4530bksd130Distagon 25mm F2.8 + EOS 60D

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »