« iPhone 4 HDR | トップページ | 今こそ、大切なこと »

2010年10月21日 (木)

一眼レフの機種選定

Img_0989

結局、フィルム時代と同等の質感、立体感、空気感、といった撮影性能はフルサイズでないと無理なことがよくわかった。
APS-Cでもレンズさえ良ければ解像はする。いわゆる細かく写る。しかし、光を十分に受けることが出来ないのだろう、階調が少ない。ものが光を受けて反射してレンズに届けているはずの情報、その場の空気の状態の情報、といった肝心なところが、かなり欠落しているように見える。

丁寧にアングルやライティングに気を配ったりすれば、iPhone4でもある程度の撮影が可能だ。野外や夜間といった場面では割り切りとコツ、工夫だ。

自分にとって、iPhone4の上のカメラは5D MrakⅡであり、その中間のカメラはあえて必要ない?と無理矢理結論づけてみた。
長い間、様々な作例などを観て、検討に時間を使ってしまった。(これからも続くだろう)

※追記
店頭での操作した感じは、60Dの新しいインターフェースが一番親しめる。困ったものだ。
60Dで5D markⅡに迫る画像がどこまで作り出せるか。と考えると単焦点を揃えたり、高額なズームレンズを使いたくなる。標準ズームがEFとEF-Sで分かれているところに一番の問題がある。17-55といった高価なEF-Sレンズはフルサイズの5D markⅡに使用出来ないのだ。一方、EFの24-105ズームはAPS-Cボディにとって広角域が足りない。

|

« iPhone 4 HDR | トップページ | 今こそ、大切なこと »

Photo」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223487/50586494

この記事へのトラックバック一覧です: 一眼レフの機種選定:

« iPhone 4 HDR | トップページ | 今こそ、大切なこと »