« 宇部市旧宇部銀行館 | トップページ | スキャナー購入 »

2010年9月19日 (日)

扇風機修理

Img_0618_2

我が家の中で最古参の扇風機、ナショナルのニューコンセプトシリーズ。1984年製だから購入して25年は経っている。
昨年あたりから回転の立ち上がり、回転速度が遅く、今年の猛暑の中ではモーターハウジングを触るとかなりの発熱状態。
『これでは熱くなって火が出るかもしれない』と子供たちに話したら、怖がって使わなくなった。

この2、3週間は軸受け辺りにモリブデングリースやCRCを吹きかけてごまかしてきたけど、ついに分解手入れを行った。
モーター本体の前後はアルミリベットで止められていたのでドリルで削り落とした。組み立てる際はボルトナットで。
軸を1000番のペーパーで磨き、シリコングリースを付け直してみた。

結果はというと、回転スピードや微妙な発熱については、外からCRCを吹き付けたのとあまり変わらない。

グリースの選択が良くなかったのだろうか。
軸だけでなく、軸受け内側もしっかり磨かなければならなかったのだろうか。
長年のうちにモーター回転子の磁石が弱っているのだろうか。
はたまた、モーターの上にしょっているコンデンサーを交換すると元気に回るのだろうか。

発熱→発火の恐れは不明であるが、これでまたしばらく様子をみながら使うことにする。

Img_0617_2

|

« 宇部市旧宇部銀行館 | トップページ | スキャナー購入 »

Design」カテゴリの記事

コメント

この後、ますます回転数が落ちていき、結局リタイアとなりました。モーターが要とは言え、他の部分は全体的にまだまだ使える状態だったので、もったいないなあ、と思いつつ。

投稿: 坂野博行 | 2013年3月20日 (水) 20時55分

この上の写真の扇風機は、バックガードの穴やモーターカバーの形状が違いますね。マイコン松風の形状に同じですね。僕はナショナル扇風機やパナソニック扇風機が大好きです。三洋電機もパナソニックに統合されましたが、サンヨー扇風機も貴重なものですね。

投稿: | 2013年3月20日 (水) 17時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223487/49490358

この記事へのトラックバック一覧です: 扇風機修理:

« 宇部市旧宇部銀行館 | トップページ | スキャナー購入 »