« パラレルズとUSBドングル | トップページ | 同じ『苦労』でも・・・ »

2010年4月13日 (火)

SP-LE8T

SP-LE8Tが10年振りに手元に戻ってきた。
A&Pの高密度ウレタンエッジに交換してから送り出したのだが、この10年の劣化で、触ると少しねっとり、つまむと簡単にちぎれてしまいそうな状態になっている。10年前はぽろぽろに崩れ落ちるほどになっていたので、それよりはましだが、まあ、いまのうちに貼り替えておいた方がよいだろう。
少し検索してみると、ファンテックの廉価なウレタン、A&Pの高価なウレタン、宮崎さんに薦めていただいたヒノオーディオの人工皮革(東レのエクセーヌ?)など、これらが候補になった。
A&Pのは精度や音質に問題がないのはわかっているが、少々高価、他の二倍はする。その高価な分、通常のウレタンより二倍の寿命というのであれば躊躇無く採用だが、そういうわけでもなかった。
今回はヒノオーディオの人工皮革にしてみようかと思う。内周外周を自分でカットしなくてはならないこと、ロール部分の寸法が、LE8Tのコーン紙寸法と合っていないこと、ウレタンより音質が劣る可能性があること、など、懸念点は多々ある。あとは、店頭で触ってみて、これならいけそうかな、と感じるかどうかだ。4/15にMEDTECに行く予定なので、その帰りに寄ってみよう。

|

« パラレルズとUSBドングル | トップページ | 同じ『苦労』でも・・・ »

Audio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223487/48075219

この記事へのトラックバック一覧です: SP-LE8T:

« パラレルズとUSBドングル | トップページ | 同じ『苦労』でも・・・ »